在宅ワークカテゴリの記事一覧

在宅の仕事の注意点

年々増えてきている在宅の仕事にも注意点があります。在宅の仕事に関連した言葉にSOHOがありますが、これらを総称するのがテレワークという言葉です。国民生活センターのサイトには、在宅の仕事に関する相談事例が掲載されています。これは、在宅の仕事を始めようと思っている人にとって、とても為になるでしょう。

個人では営業ノウハウが無いので、その代わりに企業と在宅ワーカーの橋渡しになってくれる在宅の仕事向けの紹介会社があり、それを利用する人も増加しています。最初に高額な費用が必要だと言われて、在宅の仕事を紹介してくれる会社を利用するときには気をつけたほうが良いでしょう。

初めの説明とは異なるようなことが、何十万円もするパソコン機器を購入させた挙句に発覚したりするのです。実際にはまったく在宅の仕事を紹介しないというケースもあるので注意しましょう。在宅の仕事を安心して行う事が出来る様に、厚生労働省ではトラブルを未然に防止できるように行っているものがあります。

在宅の仕事の契約を締結する際に守るべき最低限のルールとして、在宅ワークの適正な実施の為のガイドラインが策定されています。このガイドラインは、事前に確認しておくことが大切です。在宅の仕事の契約条件の明示及びその適正化の為に、在宅ワークの契約様式の参考例もあるからです。最低限必要なこととして、在宅ワーカー側から発注事業所へ契約書の交付を求めるということがあげられます。

在宅の仕事について

どの様なものを在宅の仕事と呼ぶのでしょうか。この在宅の仕事にSOHOという関連した言葉がありますが、テレワークというものはこれらを総称する言葉です。テレワークとは離れて仕事をする、働くを合わせて造られた言葉で、情報通信技術を活用し、在宅で仕事をする働き方を指します。

いろいろな形態が在宅の仕事にはあり、まず雇用関係のあるものと無いものの2つに大きく区別することができます。まずは雇用関係のある仕事についてですが、携帯電話や携帯端末を活用して直行直帰型のモバイルワークと呼ばれる仕事、会社員が自宅で働く形態の在宅勤務や、通勤時間の短縮等の為、自宅に比較的近い場所に、情報通信機器等を備えたサテライトオフィスに通勤する形態のサテライトオフィス勤務などがあげられます。

雇用関係のない仕事については、企業に属さず、請負的に仕事を行うもので、個人で自宅で行う在宅ワーク、個人または少人数で自宅や小さなオフィスで事業を行うSOHOと呼ばれる仕事の形態があります。在宅の仕事の始め方にはいろいろな方法があります。知人友人を介して宣伝してもらうのも効果的なので、まず何の仕事が出来るかというPRチラシを作成して以前の勤務先に宣伝しましょう。

このほかの宣伝方法としては、ポスティングやダイレクトメールで企業に働きかけるというものです。さらに求人サイトや求人雑誌によっても、在宅でもできる仕事情報を探すことができるでしょう。報酬相場をつかむためには、在宅で出来る仕事情報に敏感になることではないでしょうか。また、在宅の仕事の募集をしている企業にEメールを送ってみるやり方もありますし、インターネットを利用してホームページでPRしたり、在宅の仕事向けのメーリングリストに登録する事も出来るでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。